広告

『1冊20分、読まずに「わかる! 」すごい読書術』渡邊康弘【書評】読書で人生が変わるかも⁉︎

『1冊20分、読まずに「わかる! 」すごい読書術』渡邊康弘【書評】読書で人生が変わるかも⁉︎

他の読書法で挫折した人も、この本で救われるかもしれない。

世の中にはいろんな読書法がありますよね。
ネットで検索するだけでもいろんな読書術が出てきます。

読書術に関しての本は、きっと数え切れないほどあるでしょう。
そして、読書法のセミナー等もたくさんあります。

僕は本をもっと読みたいと思うようになってから、
読書法について書かれた本は結構読んでます。

読んでみて、活かせそうだなって思うことはよくあります。

でも、どこか自分の中でしっくりきていませんでした。

読書への思い込みを外してくれる読書法は
フォトリーディングであったり、
今までにも出合っていましたが、
僕の中で実践したときの実感が伴っていない感じでした。

この本は、
著者が開発した「レゾナンスリーディング」という読書法について書かれているだけではなく、
読書で人生を変えていこうという著者の思いが伝わってきます。
著者の読書を通じた体験そのものです。

そして、本書の中で明示的に書かれているわけではないのですが、
今まで僕が学んだ読書法について、なんとなく答えを教えてくれている。
そんな気にさせてくれました。

フォトリーディングは、自分自身ちゃんとできてる感はあまりなかったけど
フォトリーディング等の読書法を学んでたから
このレゾナンスリーディングでうまく統合されたような感じがしてます。

だから、他の読書法で挫折した人の中にも、きっとこの「レゾナンスリーディング」で救われる人がいるでしょう。

なぜか、今までとは違う集中力が出る

本書が出版されるよりも前に、
僕は著者である渡邊さんの「レゾナンスリーディング基礎講座」を受講しました。

講座は本当に面白かったのですが、その講座の中では、まだ僕の理解が追いついてはいませんでした。

多分、勘のいい人は、一度実践すれば、感じられるでしょう。

僕がレゾナンスリーディングの素晴らしさを実感できるようになったのは、自分で何冊か読んでからです。

なんかわからないけど、今まで読書中に感じたことのない集中力が出るのです。

本書にもこのように書かれています。

正直、信じるか、信じないか、そして科学的であるかどうかなんてことは、どうでもいいんです。だって実行しない限り、いつまでも現実は変わらないから。

そうなんです。別に根拠がわからなくたっていいんです。
なんかわからないけど、いい。
それでいいんです。

行動のためのツールとして最適

本を読んだ後、どうするか?
アウトプットの重要性を説く本は数あれど、レゾナンスリーディングはそのためのツールとして最適だと感じています。

フォトリーディングと同じで、レゾナンスリーディングでも本を読む目的を立てることが重要だと言っています。

そして、その目的を達成した後、どうするか?
行動を考えるように習慣化できるようになってきました。

これも、レゾナンスリーディングが読書法として優れたツールだと感じる点です。

「読んだ後、その本で得た学びを活かしてどう行動するかが大切だ!」

と説かれてもなかなかできないものです。

レゾナンスリーディングは、その習慣化のためのツールとなってくれます。

IMG_2508

読書って素晴らしい

この本は、最初から最後まで一字一句すべてじっくり読みたい
という人のための本ではありません。

でもそんな人が読めば、その価値観が変わるかもしれない。

そんなエネルギーに溢れる本です。

僕もすべての本をレゾナンスリーディングを使って読んでいるわけではありません。

じっくり味わって読みたいという目的を持って読むなら、
そうやって読めばいい。

レゾナンスリーディングを学んでから
読書の選択肢が広がりました。

IMG_2483

そうです。
自分のやりたいように、自分にあった読書をすればいいのです。

そして

読書って素晴らしい!

って思えるようになってきました。

The following two tabs change content below.
よっしー

よっしー

30代サラリーマン。 そろそろ人生を真剣に生きなければと活動中。 既婚。子供ふたり。 IT好きのITオンチ。 ガジェット好きのガジェットオンチ。 珈琲好きだけど、夕方以降に飲むと眠れません。 スタバ好きだけど、スタバのコーヒーは深煎り過ぎて苦手。 いつも頼むのはカフェアメリカーノ。 パンを焼くといつも真っ黒にします。 フリック入力は苦手。 このブログは親指シフトで書いています。

広告

CATEGORY :