広告

トレーになるペンケース:コクヨ製とオロビアンコ製、どちらも機能は同じで、ほんとに使い易い!!

トレーになるペンケース:コクヨ製とオロビアンコ製、どちらも機能は同じで、ほんとに使い易い!!

長年、愛用しているペンケースがあります。

僕はほとんどの文章作成をパソコンやスマホでしていて、手で書くという作業は電話で会話をしながら書いたり、資料に書き込みしたり等、限られた場面でしかありません。

でも、ペンケースが必要でなくなるということはありません。

そこで、僕がとても気にいっているモノを紹介します。

コクヨ トレーになるペンケース

 

探しやすい。取り出しやすい。戻しやすい。

トレー状になるため、目的のペン等を探すのも取り出すのも簡単。
そして、使ったペン等を戻すのもトレーにおけばいいだけ。

同じコクヨから発売されている製品で、「ペンスタンドになるペンケース」という製品も人気があります。

こちらも大ヒット商品で、僕も実際に購入してしばらく使ってみましたが、使ったあと戻す時にきちんと入れる作業が必要となります。
また、立てているのを倒したり、落としてしまったりということもしばしば。
そんなわけで、使わなくなってしまいました。

取っ手状になっているのが便利

職場では資料と一緒にペンケースを持って会議室まで移動するような機会があります。
そんな時、ファスナーが取っ手になっていて持ち運びがしやすい。
万一、憂鬱な会議だったとしても、これをぶらぶらさせながら歩けば、テンション上がります。

また、鞄からも縦に入れておけば、取っ手を引っ張ればスッと取り出せます。

ペンケースとして以外にも使える!

ガジェット類のコード入れとして使用しています。

この黄色のペンケースに、僕はガジェット類のコードをまとめて入れてあります。

▼ これだけ入れてます。

この用途でも、とても使い勝手がいいです。

これは、上記青色のものと型番が違う製品で、少しだけこちらの方が大きくなっています。

大きさ以外の違いとして、手触りが青色のペンケースはツルッとしていて、黄色のペンケースはザラっとしていること、また青色の方が固めでしっかりとした作りで、黄色の方がやわらかく形が崩れやすくなっています。
(便宜上、青色の製品、黄色の製品と言っていますが、実際の製品は両方ともたくさんのカラーバリエーションがあります。)

ただ、この2つ、両方ともコクヨ製で使い勝手はとてもいいんですが、残念な共通点があります。
それは、少し安っぽいこと。
実際安くて、コスパ抜群なんですが。

オロビアンコ ペンケース

チープ感が気になる。
そんな方にオススメなのが、イタリア・オロビアンコ製のペンケース。

 

 

この製品、形や大きさは上記青色のコクヨ製とほぼ同じです。

違うのはデザインとファスナーの引き手等の細部の作りくらい。
あ、価格もだいぶ異なりますね。
コクヨ製より、角に丸みがあり、全体的にディティールまでこだわって作られています。
カラーも豊富です。

まとめ

とにかく使いやすい。
それに尽きます。
ペンケースに悩まれている方に、ぜひ試してみて欲しいですね。
カラーバリエーションもいろいろあります。
でも、個人的には落ち着いた色が好きなので、カラフルなモノよりもブラックとかを出して欲しいですが。

▼ 少し大きい方の製品

そう思って見ていたら、オロビアンコ製はブラックが出ていますね。
僕が買った時にはなかったんですが。

The following two tabs change content below.
よっしー

よっしー

30代サラリーマン。 そろそろ人生を真剣に生きなければと活動中。 既婚。子供ふたり。 IT好きのITオンチ。 ガジェット好きのガジェットオンチ。 珈琲好きだけど、夕方以降に飲むと眠れません。 スタバ好きだけど、スタバのコーヒーは深煎り過ぎて苦手。 いつも頼むのはカフェアメリカーノ。 パンを焼くといつも真っ黒にします。 フリック入力は苦手。 このブログは親指シフトで書いています。

広告