広告

天狼院ライティング・ゼミを受講! ライティング筋力をつけよう!!

天狼院書店という書店で、ライティングについて学ぶ講座を受講しました。

文章力をつけたい!

ブログを始めてから、ずっと思ってたこと。
「もっと文章がうまくなりたい!」
どんなことでも、するからには上達したくなりますよね。
そんなとき、Facebookに広告が流れていました。

天狼院書店とは?

このとき、僕は天狼院書店って名前は聞いたことはありましたが、近くに店舗もなく、どんな書店なのかも知りませんでした。
よくわからないけど、面白そう。
そして、人生を変える!
というキャッチフレーズに引っかかって(笑)
申し込んでしまいました。
ほんと、ただそれだけです。

まだよくわかってませんけど、この書店、本当に面白いですよね。
書店なのに、旅部とかフォト部とかいう部活なるものがあって、劇団公演なんかもしてるらしい。
そして、僕が受講したライティング・ゼミをはじめ、いろんなゼミを開講しています。
この書店の店主である三浦さんという方が講義をしてくれます。
いつ観ても思うのが、三浦店主の見た目は怖い(笑)
ご存じない方は、こちらからどうぞ。

でも、話はいつも面白い。
僕より少し年上のようだけど、いろんな引き出しがあって、まだまだ面白いことをしようとしてるみたい。

ライティング・ゼミは、2016年6月開講コースに参加しました。
月2回の講義が4ヶ月に渡り、開かれます。
講義は、東京天狼院もしくは福岡天狼院で開かれるのですが、僕はどっちで開かれてもリアル参加は無理なので,後ほどYouTubeで視聴します。いつでも観れると思ったら、なかなか観れず、先日やっと最後まで視聴することができました。

ライティング・スキル

店主の説くライティング技術はいたってシンプル。
ABCユニットという手法を用いて、文章を書くというもの。
本当にシンプルだけど、まだまだ僕は、その本質を理解できていないように思います。

ライティング・ゼミに参加すると、毎週、記事を寄稿することができ、三浦店主のOKが出ればWEB天狼院に記事を掲載してもらえます。そして、メディア・グランプリでアクセス数を競います。僕は期間中、4記事しか寄稿できず、そのうち3記事を掲載していただきました。

せっかくの機会なのに、どうして書けなかったのか?
先日、参加したブログ入門セミナーで、「質より量より更新頻度」という黄金律がありました。
毎日毎日書くことで、ブログ筋力が付いてくるということでした。
やはり、僕に必要なことはもっともっと書くということ。
書く筋力が弱いということ。
それはネタ探しももちろん、文章力もそう。
とにかく、アウトプット量がまだまだ少ない。
まだ、人生が変わった実感はない。
とにかく今の僕に必要なことは、継続力。
人生を変えるために、もっと書いてみよう。

天狼院書店へ行こう!

それにしても天狼院書店って1店舗目を2013年9月にオープンしたところらしい。
まだ、それほど期間が経ってるわけじゃないのに、次々と新しいことを打ち出している。
サーカス業界でのシルク・ドゥ・ソレイユのような位置付けと考えているようだけど、
三浦店主は、以前は書店員をしていたみたいですね。

先日、会った人が、三浦店主が書店員時代の頃に会ったことがあると言っていました。
やっぱり、成功者もいろんな下積み時代がある。
というか、それまでの経験があるから、今の成功があるんだなーと実感しました。

今度、機会があるときに、天狼院東京へ行ってみたいですね。

ちなみに僕が寄稿した記事はこちら ↓ です。

The following two tabs change content below.
よっしー

よっしー

30代サラリーマン。 そろそろ人生を真剣に生きなければと活動中。 既婚。子供ふたり。 IT好きのITオンチ。 ガジェット好きのガジェットオンチ。 珈琲好きだけど、夕方以降に飲むと眠れません。 スタバ好きだけど、スタバのコーヒーは深煎り過ぎて苦手。 いつも頼むのはカフェアメリカーノ。 パンを焼くといつも真っ黒にします。 フリック入力は苦手。 このブログは親指シフトで書いています。

広告