広告

レイ・メディス著『睡眠革命』【書評】

レイ・メディス著『睡眠革命』【書評】

混乱した本

この本は、1984年出版の古い本だ。

睡眠革命―われわれは眠りすぎていないか (自然誌選書)
レイ・メディス
どうぶつ社
売り上げランキング: 1,004,271

前回読んだ、『ヒトはなぜ眠るのか』の著者である井上昌次郎氏が訳した本だ。
『ヒトはなぜ眠るのか』において本書から多数引用されていて、興味が湧いて読んでみた。

最後に訳者の感想として、「この本は大変面白い。日本人も読むに値する本だと思う」と紹介している。
本書は、睡眠研究において、挑戦的、非常識、過激だったようである。

しかし、結論を言うと僕自身本書を読んで混乱してしまった。

井上 昌次郎 著『ヒトはなぜ眠るのか』においても、「鳥類や哺乳類のように大脳が大きく発達するに従い、レム睡眠のままでは欠陥技術になり、新たにノンレム睡眠という技術が開発された」という記載がある。

にもかかわらず、本書『睡眠革命』では、「レム睡眠は哺乳類と鳥類の特殊な要件に応えて進化したらしい」と記載されている。

動睡眠(AS)・静睡眠(QS)

今日、一般的にレム睡眠とノンレム睡眠という2種類の睡眠の名称が使われている。

しかし、本書では、動睡眠(AS)・静睡眠(QS)という名称が生まれて普及しているので、これを使うことにするとある。

動睡眠(AS)は、これまでレム睡眠と呼んでいた現象を指し、静睡眠(QS)は、旧用語ノンレム睡眠に置き換わるとのこと。

でも、今この用語は一般的に使われていないので、普及しなかったということなんだろう。

動睡眠(AS)・静睡眠(QS)という用語は、赤ちゃんの睡眠において使われる。

本書に「動睡眠(AS)は睡眠の新参者だが、静睡眠(QS)またはその原型は太古の昔からおつきあいがあった、と一般に信じられている」とある。

これは、上述したように、本書の訳者が自著でも書いていることと完全に逆だ。

???

そして、一般的に信じられているモデルに対し、著者は「私たちの動睡眠(AS)(=レム睡眠)は、爬虫類の睡眠の修正版であるのに対し、静睡眠(QS)(=ノンレム睡眠)が新しい」という異端説を本書で唱えている。

ということは、著者が本書でこれまでの説を覆したということか?
それまでの天動説に対し、地動説を唱えたということか?

それなら、もっと著者も本書も有名であってしかるべきだと思うのだが。

まとめ

本書を読んでの教訓は、こういう研究本は古いのを読んではダメだということだ。
そもそも、僕が睡眠本を読み始めたのは、QOLを上げるためだ。
だいぶ目的から逸れた本を読んでしまった。

QOLを上げてくれそうな睡眠に関する本も次々に新書が出ている。
次は、新書を読もう。

▼ 次はこの辺りか。

The following two tabs change content below.
よっしー

よっしー

30代サラリーマン。 そろそろ人生を真剣に生きなければと活動中。 既婚。子供ふたり。 IT好きのITオンチ。 ガジェット好きのガジェットオンチ。 珈琲好きだけど、夕方以降に飲むと眠れません。 スタバ好きだけど、スタバのコーヒーは深煎り過ぎて苦手。 いつも頼むのはカフェアメリカーノ。 パンを焼くといつも真っ黒にします。 フリック入力は苦手。 このブログは親指シフトで書いています。

広告

CATEGORY :