広告

bills 表参道で世界一の朝食「リコッタパンケーキ」を食べて来ました!

bills 表参道で世界一の朝食「リコッタパンケーキ」を食べて来ました!

以前から行きたいなーと思っていたbills表参道。
ようやく「世界一の朝食」と名高い朝食を食べてきましたよ。

アクセス

『東急プラザ 表参道原宿』7階にあります。
明治神宮前〈原宿〉駅から徒歩1分、原宿駅から徒歩5分の立地です。

表参道billsは、朝8:30からオープンしているため、朝早めに行ってみると、まだ東急プラザは開店前。

万華鏡エスカレーターは、まだ通れません。

西側に回って、エレベーターで7階へ。

7階でエレベーター降りると、目の前がお店です。

店内

開店したばかりだからか、お客さんも少なく、落ち着いた雰囲気です。

テラス席もあり、1つ下の階の庭園を眺めながら食べられますが、今の時期はもう蒸し暑い。

窓際の席に座りました。

オーダー

早速メニューを見て、注文します。

何食べても美味しいらしいですが、とりあえずここは迷わず、リコッタパンケーキをオーダーしました。

ドリンクは、ブレンドコーヒーです。

すぐにコーヒーが出てきました。

パンケーキと一緒に食べたいけれど、とりあえず、1口。

うっ、これは、、、不味い。
いや、僕の好みじゃない。

気を取り直して、パンケーキを待ちます。



が、遅い。
僕の前にはお客さん3人くらいだけど。
すっかりコーヒー冷めてしまいました。

リコッタパンケーキ

来ました!
待ちわびましたよ、ほんと!!

シロップかけて

いただきます!

これはっっ!!
写真では伝わらないけど、ほんとフワッフワッ!!
他に言葉が見つからないです。
そして、美味しい!!

▼ ところどころの白い生クリームみたいに見えるのが、リコッタ(チーズ)。
あんまり味はしない。

▼ パンケーキの上に乗ってるもの、バナナのスライスかと思ったら違った。
フォークが刺さるし、写真撮りながらだったので、てっきりバナナかと思い、かじってしまいましたよ(^_^;)
これは、はちみつを練りこんだバター(ハニーコームバター)!
溶かせて食べますよ(笑)

▼ バナナはパンケーキの下にあります。

パンケーキ自体はそんなに甘くなく、リコッタチーズもあっさりした酸味なので、シロップ、バター、はちみつととても合います。
やっぱ、3枚食べるとお腹いっぱい。

3枚のパンケーキを食べるのに夢中になってる間に、いつの間にか店内はお客さんいっぱいでした。

まとめ

評判通り、リコッタパンケーキは絶品でした。

でも、コーヒーが好みじゃなかったことと、料理が出てくるのに時間がかかるのが残念なところ。
ドリンクは、せっかくいつもと違うところに来たから、たまにはアサイーとか、普段飲まないものを頼めばよかった!
と少し後悔。

コーヒー好きだし、どこに行っても、同じようにするのは、楽といえば楽だけど、コンフォートゾーンから出るために、たまには行動を変えたりとかも必要かも、なんて。

あとは、コスパをどう考えるかですが、たまにはゆったりと優雅にリッチな朝食を食べたくなったりします。
そういう点も含めて、トータル的にとても満足できるんじゃないかなと思います。

まだの方は、是非一度「世界一の朝食」、堪能してみてください

bills 表参道
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-30-3 東急プラザ表参道原宿7F
営業時間 8:30 – 23:00
Last orders: food 10pm,
drinks 10.30pm
TEL 03-5772-1133 問合せ専用
TEL 050-3188-5033 予約専用

よもやま話

僕自身、最近の朝食は、フルーツ程度なので、あまり朝食は重視していません。
でも、気になるものは食べたい。

先日、記事に書いたんだけど、ずっと食べたかったエッグベネディクトを食べる機会を逃してしまいました。

これもどこかで、食べに行きたいなぁ。

こういうちょっとした自分の願望は満たしてあげた方が、QOLは上がりますよね。

The following two tabs change content below.
よっしー

よっしー

アラフォーサラリーマン。 人生100年時代を迎え、今後のライフデザイン、ワークススタイルをどうするか。 自分らしいネクストステージを模索中。 既婚。子供ふたり。 最近、珈琲にハマってます。 スタバ好きだけど、スタバのコーヒーは深煎り過ぎて苦手。 スタバでいつも頼むのはカフェアメリカーノ。 パンを焼くと高確率で真っ黒にします。 フリック入力よりキーボード入力が好き。 このブログは親指シフトで書いています。 ブログタイトルは「木が3つで森になるブログ」、 1記事書くごとに、1本ずつ木を植えていくイメージをしています。 そうして、どんどん植樹して、森のようにブログも自分自身も豊かに成長していくことを目指しています。

広告