広告

未来時間の棚卸をしていますか?

未来時間の棚卸をしていますか?

タイムマネジメントのセミナーに参加してきました。

受講動機は、時間管理を上手にして、今を気持ち良く過ごしたいと思ったからです。
僕は時間管理が苦手です。というか、そもそも管理していませんでした。
Googleカレンダーに決まっている予定だけを入れて
毎日、すべきこと、したいことを
優先順位を考えて、手当たり次第やっていくという感じでした。
そして、仕事でもプライベートでも、これをしよう、あれをしようと考えては
結局想定した時間に終わっていないことも。
いつも時間が足りない、もっとあればと思っていました。
なんとかしたいと思って受講しました。

セミナーでは、年間スケジュール、月間スケジュール、週間スケジュールそれぞれに
予定を書き込むということをしました。
まず、年間スケジュールに今年1年間の予定を書き込みました。
これには苦戦しました。決まっている予定を書いた後、何を書けばいいかわからず
止まってしまいました。

すると
「1年の最後に振り返ってみて、どうなっていたいですか?」
とアドバイスをいただきました。
もちろん「いい1年だった。HAPPYに過ごせた。」と思いたいですよね。
その上で僕は、”成長を感じられるようにしたい”ので、そう思えるように書いていきました。

続いて、月間スケジュール、週間スケジュールに移ります。
セミナーを受講する前に、年間目標を立て、1週間毎に振り返るようにKPIまで考えていたので
これを書くことは苦労しませんでした。睡眠時間まで目標に入れていたからです。

ところがです。
週間スケジュールを書いて、24時間を埋めていくと
これってできるの?という疑問が湧いてきました。

書き込んだ週間スケジュールは、今考えているできる範囲での理想の時間管理です。
今年の目標の中に仕事の時間を減らすことを掲げていたのですが、
今すぐその時間に持っていくことは到底無理です。
それなのに、時間に余裕がないのです。

このままでは、立てた計画を達成できず、できない自分を責めるところでした。
なんてこと!
また、同じ過ちを繰り返すところでした。

仕事でもプライベートでも、必ず予定外のことが起こります。
だからこそ、時間管理にはある程度、バッファーが必要です。

本当に単純なことですが、目標達成に向けて時間管理をするために
全てのするはずのことを書き出してみてはじめて
時間に余裕があるかどうかを視覚的に把握することができました。

あなたは未来の時間を把握できていますか?
手帳に入れているのは、決まっている予定だけではないですか?
1日は24時間、1週間は7日間しかありません。
あなたがもし目標とそれを達成するための計画を立てているにもかかわらず
時間軸に落とし込んでいないなら
ぜひ1度、未来時間の棚卸をしてみてはどうでしょう?

The following two tabs change content below.
よっしー

よっしー

30代サラリーマン。 そろそろ人生を真剣に生きなければと活動中。 既婚。子供ふたり。 IT好きのITオンチ。 ガジェット好きのガジェットオンチ。 珈琲好きだけど、夕方以降に飲むと眠れません。 スタバ好きだけど、スタバのコーヒーは深煎り過ぎて苦手。 いつも頼むのはカフェアメリカーノ。 パンを焼くといつも真っ黒にします。 フリック入力は苦手。 このブログは親指シフトで書いています。

広告