広告

最高のオフィスチェアを求めて(1)

最高のオフィスチェアを求めて(1)

デスクワークをはじめてからの身体の痛み

仕事がデスクワークになって間もなくしてから、
僕は激しい首、肩、肩甲骨周りの痛みに悩まされるようになりました。

あちこちの整形外科で診療をうけるも、それぞれの医者によって違う診断が出る。
整骨院へ足しげく通ってはよくならず、評判を聞いて別の整骨院へ移る。

そんなことを繰り返していました。
いったい医療費にいくら使ったことでしょうか >_<

正しい姿勢と筋力、ストレッチ

肩こりや腰痛で必ずいわれることは

正しい姿勢を保つ
筋肉をつける
ストレッチをする

ということ。

確かに僕は姿勢が悪いです。
とくに座り姿勢は気を抜くとすぐ姿勢が悪くなってしまいます。

だから、できるだけ姿勢を良くしようと意識しています。
でも、すぐ疲れて崩れてしまいます。
良い姿勢を長く保つには筋力が必要なようです。

ジムに通い、筋トレに励むようにもなりました。
追い込めていないというのもあるのかもしれませんが
どうにも筋力が付きにくい体質のようです。

姿勢、筋力、ストレッチが大切

これは間違いないことですが、
それだけでは、改善はしても根本的に解決はしませんでした。

オフィスチェアを買おう!

座面用のクッションを買ったり、
ディスプレイやキーボードの位置を変えたり、
いろいろ細かい改善を図ってきましたが、
あるとき、急にオフィスチェアを買おうと思い立ちました。

職場の椅子は当然、会社の備品なので
椅子を変えようという発想を持つまでに、相当時間を要しました。

職場の椅子は至って普通のモノです。
もちろん肘掛けもありません。

それまで、まったくオフィスチェアに興味がなかったので
ほとんど知識もありません。

調べてみると、オフィスチェアって……高い。

でも、オフィスチェアを10年使った場合

10万円だと1年で1万円。1か月約833円。
15万円だと1年で1万5千円。1か月1,250円。
20万円でも1年で2万円。1か月約1,666円

長期的には決して高くない。
今までかかった医療費代のことを考えたら
オフィスチェアのほうがはるかに安い。
医療費が要らなくなったり、少なくなったりすれば
十分、元はとれる。

そして、その時間コストも節約できるし、
なにより痛みが軽減されれば金額に換算できないほどのリターンがある。

と自分自身を納得させて。

さっそく、会社の許可を取って
オフィスチェア探しが始まりました。

僕が求めたポイントは

アームレストとヘッドレストがあって
体全体をしっかりと支えてくれること

アームレストは、高級オフィスチェアには当然のようについてますよね。
ヘッドレストもほしいけど、役員ならともかく職場で使用するにはちょっと抵抗がある。

まずは、手始めに近所の家具やさん数軒に行ってみました。
どこも安いチェアが数点おいてあるだけです。

これは、もっと大きいところに行かなければ置いてないな
ということで、

まずはネットで調査です。

僕が購入前に参考にしたサイトをいくつか紹介します。

高級オフィスチェア比較.com

オフィスチェアー&ファニチャーのセレクトショップ WORKAHOLIC | ワーカホリック

おすすめワークチェア・オフィスチェアまとめ|TOP30ランキング

次回に続きます。

The following two tabs change content below.
よっしー

よっしー

30代サラリーマン。 そろそろ人生を真剣に生きなければと活動中。 既婚。子供ふたり。 IT好きのITオンチ。 ガジェット好きのガジェットオンチ。 珈琲好きだけど、夕方以降に飲むと眠れません。 スタバ好きだけど、スタバのコーヒーは深煎り過ぎて苦手。 いつも頼むのはカフェアメリカーノ。 パンを焼くといつも真っ黒にします。 フリック入力は苦手。 このブログは親指シフトで書いています。

広告