広告

キーボードを2つ並べたら、肩こり、背中の痛みが激減した件!肩こりがひどいデスクワーカーにはぜひ試してほしい!

キーボードを2つ並べたら、肩こり、背中の痛みが激減した件!肩こりがひどいデスクワーカーにはぜひ試してほしい!

デスクワーク時の肩こり、背中のコリが激減する方法とその思わぬ副産物を紹介します。

デスクワークでキーボードでの入力作業を長時間していて、肩こり、首こり、背中の痛み等々ありませんか?

わかっていても、だんだんと猫背になって、肩が丸まったりしてしまいます。
全ては姿勢が原因なわけですが、なかなか意識だけで長時間良い姿勢をキープするのは難しいです。

そこで、オフィスチェアを変えたり、スタンディングデスクにしたり、いろんなツールを活用するわけです。

今回は、ちょっとした工夫をすることで、特に背中の痛みを改善する方法をご紹介します。

その方法とは、キーボードを2つ並べること。
それだけです。


ロジクールのワイヤレスキーボードを2つ(マウスとのコラボ製品+キーボード単体)購入しました。

合計でも5,000円未満、コスパ抜群の製品です。

期待していたメリット

肩こり、背中の痛みが激減!

腕が広がることで肩甲骨が閉じて、肩こり、背中の痛みが激減。
肩甲骨の内側のひどい痛みが緩和されました。
期待以上に効果があり、満足しています。

思わぬメリット

両腕の間に参考資料等を広げることができる!

左右の腕の位置が広がるので、両腕の間に資料等が置けます。

通常のキーボードだと、当然腕と腕の間隔は狭いので、何か資料を見ながらキーボード入力をする場合、資料は左右どちらかに置くしかありません。
しかし、キーボードを2つ置くことで、真ん中にスペースができ、資料等をディスプレイの真下に置くことができます。
これで、チョー快適に仕事ができるようになりました。

エンターキーやシフトキー、コントロールキー、そしてテンキー等が倍になるので、とても便利!

キーボードを2つ置いても、基本的には1つの場合と同じように、腕を広げて真ん中はないものとして両側を使っています。
でも、コントロールキーやシフトキーがあちこちにあると、ちょっと操作するときに思いの外、便利なんです。
実際に使ってみて初めて実感しました。

デメリット

場所をとる。

普通のデスクなら、これくらいおけるはず。

僕は、机の上に傾斜台を置いているんですが、デュアルキーボードに対応できるほど大きくありません。

ちょっと幅が狭いので、キーボードの下に物を置いて対応しています。

その他

マウスやテンキーは、右手ばかりで操作されている方がほとんどだと思います。
僕もそうでした。
でも、片方の手ばかり酷使していると、疲れて痛くなったり、ひどいと腱鞘炎になったりしてしまいます。

だから、僕は定期的にマウスを左手で使ったりもしています。
最初は違和感があっても、何でも慣れるものです。

まとめ

デメリットをはるかに上回るメリットを感じています。

製品として、もともと左右の間隔が少し開いた人間工学に基づいたキーボードもあります。

▼これだと、それほど肩甲骨開かないんじゃないかな。

▼これは、ちょっと試してみたいけど、高い。

そして、コントロールキー等は当然2つありません(笑)

最初から対応したものを買わずに、安く済ませたことから生まれた副次的なメリットでした。

ちょっとしたことで、いろんな改善が図れてとても快適です。

The following two tabs change content below.
よっしー

よっしー

30代サラリーマン。 そろそろ人生を真剣に生きなければと活動中。 既婚。子供ふたり。 IT好きのITオンチ。 ガジェット好きのガジェットオンチ。 珈琲好きだけど、夕方以降に飲むと眠れません。 スタバ好きだけど、スタバのコーヒーは深煎り過ぎて苦手。 いつも頼むのはカフェアメリカーノ。 パンを焼くといつも真っ黒にします。 フリック入力は苦手。 このブログは親指シフトで書いています。

広告