広告

Page 16

『 世界にひとつのmyライフスタイル × ストレングス ファインダー』セミナーを受講してきました
2016年7月2日 セミナーを受けてきました。 今回、受講したのは、 以前、参加させていただいた 元国際線CAで、現在いろんな顔を持つチホさんと ストレングス・ファインダーコーチひであきさんの コラボセミナーです。 いつも軽やかで楽しく、華やかなチホさんと 負けず劣らず楽しくおもしろい、ひであきさんのコラボで、 会場は...
『デッドライン仕事術』吉越浩一郎【書評】ワーカホリックの後悔。後悔しない人生を生きよう。
デッドライン仕事術 本書の著者は、がんばるタイムなどのユニークな取り組みでも有名な「トリンプ・インターナショナル・ジャパン(株)」で代表取締役を務められていた吉越浩一郎氏。 僕の職場は、残業しなければいけないという思い込みに支配されている。 組織としてそういう態勢になっている。 こういった職場は、いたるところにあるでし...
「ツナゲル ライフ インテグレーション(TLI)講座」第2講を受講しました
TLI講座の第2講を受講しました。 プロブロガーの立花岳志さんとカウンセラーで音楽療法士の大塚 彩子さんご夫妻が講師の講座です。 2日間×4講、合計8日間の講座の第2講です。 TLI講座のテーマ ・人生の主導権を自分自身に取り戻し、自分の意志を実現して生きる。 ・これからの世の中に、本当に人が幸せになる新しい価値を創り...
最高のbluetooth片耳イヤホンは?今一番のお気に入りはEcandy ワイヤレスBluetoothヘッドセット Bluetooth4.0片耳インナーイヤー型 S530
最高の片耳Bluetoothイヤホンは? 前回、片耳Bluetoothイヤホンがいい、という記事を書きました。 では、いろんな片耳イヤホンがありますが、そのなかで一番いいのはどれでしょう? 僕が買った順にレビューします。 PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット M70 これは、なかなかいいで...
Bluetoothイヤホンは片耳も両耳もいいけど、やっぱり片耳がいい
なにかしながら使用するときは、片耳がいい Bluetoothイヤホンを使い始めてから、どこに行っても携帯しています。 iPhoneとセットで持ち歩いています。 僕は音楽もたまに聞きますが、ほとんどオーディオブックを聞くために使っています。 移動中はいつも片耳イヤホンを使っています。 外で歩いたり、車の運転したりするとき...
ものくろ師匠のブログセッションを受けてきました
ものくろ師匠のブログセッションは期待値を大きく上回る このブログはものくろ師匠のサポートにより昨年12月に開設しました。 今回、2回目のセッションです。 開設して半年経っても全くメンテナンスしておらず、最近ブログを書くことを習慣化しようとしてたところだったので、習慣化のモチベーションも上げたくて、依頼しました。 ブログ...
『怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる』大鶴 和江【書評】
自分と向き合う あなたには悩みってありますか? 当然ありますよね。 普段本当は怖れていると思っていることを自覚していますか? 自分と向き合って,考えることってありますか? 僕は色々考える方ですが,結構自分の内面を考えるのは嫌いでした。 ふと どうして嫌いなのかなと考えてみると 内面を見つめるということ=嫌な自分のこと,...
ビリーフと自己客観視,自己肯定感について
自己肯定感 自己肯定感を高く持ちたい。誰しもが思うことですよね。と言っても,いつも高い人はそんなこと気にしていないと思いますが。 【自己肯定感】 はてなキーワード 「自分は大切な存在だ」「自分はかけがえのない存在だ」と思える心の状態。 自分を肯定している感覚、感情などを指す。 対義語は、「自己否定感」。 幼少期の生活・...
『なぜ「牛乳」は体に悪いのか』フランク・オスキー【書評】牛乳を飲むことをやめてみたらどうなった?
牛乳,好きですか? 毎日飲んでいますか? 僕は特別牛乳が好きなわけではありませんでしたが,カルビーのフルーツグラノーラを食べ始めてから,毎朝フルグラに牛乳をかけて食べていました。 そして,関係あるかどうかわかりませんが,なんだか体調が悪いのです。身体がダルいと感じる日がほんとに多いのです。 なにが原因だろうかと考えてい...
『ソース〜あなたの人生の源は,ワクワクすることにある』マイク・マクマナス【書評】ワクワクを糧にして生きていくには?
この本の通り生きれば,人生にパラダイムシフトが起こる この本の前に読んだ心屋仁之助著『「好きなこと」だけして生きて行く。』も今までの自分の価値観とはかけ離れた内容でしたが,この本はそれ以上に価値観が根底から覆る本でした。 本書のタイトルであるソース(Source)とは「源」という意味です。本書では「ワクワクの源泉」,「...