広告

ドクターグリップ4+1にスタイルフィットのリフィルを入れてみた。より滑らかに書きたい人におすすめ!

ドクターグリップ4+1にスタイルフィットのリフィルを入れてみた。より滑らかに書きたい人におすすめ!

ボールペンの油性インクのうち、低粘度と言えば、三菱鉛筆ジェットストリームかパイロットのアクロインキです。
ジェットストリームしか使いたくないという人もいると思いますが、個人的にはアクロインキも好きです。
特に、黒以外の色合いはアクロインキのほうが明るめで好みです。

でも、ボールペンはペン本体とリフィルの組み合わせによって書き心地は変わってきます。なので、リフィル互換性があるからにはどっちがいいか試してみたくなる。

ということで、今回はパイロット ドクターグリップ4+1に三菱鉛筆スタイルフィットのリフィルを入れてみました。

最初は興味本位で試してみただけだったんですが、個人的にはあらためて気づきもありました。
滑らかにストレスなく書きたい人に読んでもらいたい記事です。
また、『メモの魔力』ファンの人にも、ぜひ読んで欲しいです。

パイロット ドクターグリップ4+1

以前からパイロット ドクターグリップ4+1は所有してましたが、その大人色が発売されたので、購入して記事を書いています。

三菱鉛筆ジェットストリーム 4&1

そのドクターグリップ4+1と同機能で、多分一番売れている多機能ペンの三菱鉛筆ジェットストリーム 4&1の記事も書いています。

この2つの多機能ペン、機能性や大きさは類似の商品なんですが、リフィルの互換性がない。
ところが、どういうわけか三菱鉛筆のスタイルフィットというペンのリフィルは、パイロット ドクターグリップ4+1のリフィルと互換性があるんですよね。

三菱鉛筆スタイルフィット


スタイルフィットは、ホルダーとリフィルを組み合わせて、自分にあったペンが作れるというモノです。

ホルダーには単色・3色・5色タイプがあり、リフィルは、ゲルインクボールペン、油性ボールペン、シャープから選べます。

スタイルフィットのリフィルは

・ゲルインクボール
0.28mm,0.38mm,0.5mmの各ボール径に16色のインク色をラインナップ。水性顔料ゲルインク「ユニボール シグノ」インク

・油性ボールペン
0.5mm,0.7mm,1.0mmの各ボール径の「ジェットストリーム」インク。インク色は黒・赤・青のみ。

↑の画像は三菱鉛筆さんのサイトより引用させていただきました。

それにしても、ゲルインクはめちゃくちゃ多色展開なのに、なぜか油性(ジェットストリーム)インクは、3色のみ。
なぜ緑はないのか? めっちゃ中途半端感。

ジェットストリーム 4&1は緑もあるので、当然緑のジェットストリームリフィルが搭載されています。
同じ三菱鉛筆のスタイルフィットは5色ホルダーもあるので、当然シャープペンで1本使えば、残りは4色で、4色となれば4色目は当然緑でしょ!? と思いますが、なぜか油性の緑は無し。

緑を使いたければ、ゲルインク使ってね! ってことなのでしょう。

スタイルフィットのホルダーは、種類は豊富ですがプラスチック製なので、大人が使うにはちょっと、、、というペンになってしまいます。
カラフルな展開で、ターゲットは学生でしょう。

ドクターグリップ4+1にスタイルフィットリフィルを入れる

ドクターグリップ4+1に、ゲルインクのちょっと珍しい色を数本と油性ジェットストリームインクの黒・赤・青0.7mmと1.0mmを入れてみました。

リフィルは同じサイズなので、切ったりすることなくそのまま使用できます。

スタイルフィット ゲルインク


個人的には、ゲルインクの細いリフィルは書き心地がいまいちです。
カリカリ引っかかる書き心地はどうにも好きになれません。
あくまで個人的意見です。

こういう書き心地が好きな人はたくさんいるでしょうし、手帳に小さい字を書きこむにはちょうどいいです。

スタイルフィット 油性インク


油性インクは、ジェットストリームリフィルなので、感覚的にはジェットストリーム 4&1により近づいた感じです。
絶対アクロインキよりジェットストリームがいい! という人はぜひ試してみてください。
でも、繰り返しますが、緑はないので、黒・赤・青の3色をジェットストリームにしても、緑はアクロインキか、もしくはスタイルフィットゲルインクの緑等を入れるか、という選択になります。

それと緑はどういうわけか、ジェットストリームもアクロインキも、同じボール径の0.7㎜でも、他の色より滑らかさが劣るように感じています。
黒が一番滑らかで、緑はそれに比べると劣るように思えてなりません。

滑らかさを求めるなら

僕は滑らかな書き味が好みです。
アクロインキも滑らかアクロインキのキャッチコピーの通り滑らかなのですが、滑らかさを追求するなら、より太いボール径のほうが滑らかです。

ドクターグリップ4+1用のアクロインキは0.3mm、0.5mm、0.7mmのボール径しかなく、1.0㎜はありません。
なので、黒・赤・青はジェットストリーム1.0mmにして使うことにしました。

太いインクなので小さい文字を書きたい手帳等には不向きですが、思考のためのメモや、会議・電話時等の走り書きは、大きめに書いて滑らかさを最優先したいんですよね。

メモの魔力

いきなりで申し訳ないのですが、ベストセラーとなったSHOWROOM前田裕二さん著『メモの魔力』では4色を使い分けることを推奨されています。
(ここでは詳しいことは書きませんが)

そういうメモを取るときに、引っかかるような書き心地だと、思考も引っかかりそうでイヤなんですよね。

そんなとき、道具が妨げにならないようにしたい。

ドクターグリップ4+1やジェットストリーム 4&1は太いので若干書きにくさはあるものの、シンプルな多機能ペンなので使い勝手の良さはいうまでもありません。

それに加え、なるべく滑らかにスラスラ書きたい!
となると、より滑らかに書けるリフィルがおすすめです。

『メモの魔力』の色分けルールでは
黒・は客観、ファクト、は主観、自分の考えとなっています。

客観の黒・が1.0mmのボール径で、より書きやすくなって、主観のが書きにくいままというのが不満です(笑)

なので、緑は色合いの良さ、滑らかさもあって、別にエナージェルを使ったりしています。

エナージェル ターコイズブルーがとても好きです。
青とはっきり色合いが違うので、使い分けしています。
エナージェルはリフィルは素晴らしいのに、グリップが大嫌いという困ったペンですが。

まとめ

すっきりした細めの文字を書きたい人は多いと思います。
でも、書いた文字がはっきりした色合いで濃ければ、書いているときも気持ち良く、思考も深まります。また、記憶も深まることを実感しています。

ぜひ試してみて欲しいですね。

The following two tabs change content below.

よっしー

アラフォーサラリーマン。 人生100年時代を迎え、今後のライフデザイン、ワークススタイルをどうするか。 自分らしいネクストステージを模索中。 既婚。子供ふたり。 最近、珈琲にハマってます。 スタバ好きだけど、スタバのコーヒーは深煎り過ぎて苦手。 スタバでいつも頼むのはカフェアメリカーノ。 パンを焼くと高確率で真っ黒にします。 フリック入力よりキーボード入力が好き。 このブログは親指シフトで書いています。 ブログタイトルは「木が3つで森になるブログ」、 1記事書くごとに、1本ずつ木を植えていくイメージをしています。 そうして、どんどん植樹して、森のようにブログも自分自身も豊かに成長していくことを目指しています。

広告

よっしー
アラフォーサラリーマン。
人生100年時代を迎え、今後のライフデザイン、ワークススタイルをどうするか。
自分らしいネクストステージを模索中。
既婚。子供ふたり。

最近、珈琲にハマってます。
スタバ好きだけど、スタバのコーヒーは深煎り過ぎて苦手。
スタバでいつも頼むのはカフェアメリカーノ。
パンを焼くと高確率で真っ黒にします。

フリック入力よりキーボード入力が好き。
このブログは親指シフトで書いています。

ブログタイトルは「木が3つで森になるブログ」、
1記事書くごとに、1本ずつ木を植えていくイメージをしています。
そうして、どんどん植樹して、森のようにブログも自分自身も豊かに成長していくことを目指しています。